笑顔の女性

PMSの症状が気になるならサプリメントで改善|健康を守る栄養満点

生理前に起こる不調とは

女の人

心身ともに辛いPMSは、サプリメントを利用するなど工夫をすると症状を和らげることができるようになります。PMSの特徴は生理前にだるさや眠気、頭痛やイライラ、怒りっぽくなるなど心身ともに不調が起こります。女性ホルモンを整えることによって緩和する事ができます。

この記事を読む

月経サイクルに伴う異変

女性

身体の不調

月経のサイクルに伴いお腹が張る、胸が張る、あるいは思春期のように吹き出物が出るなどの症状が人によっては起こります。さらにむくみに伴い体重が増加する、だるい、腰痛、偏頭痛など多くの身体的に不快な症状を感じる女性は多くいます。これらの症状はまとめて月経前症候群(PMS)と呼ばれています。PMSは人によって出現時期は様々ですが、主に月経前2週間から現れ月経が開始すると共に消滅していきます。PMSは排卵後の女性ホルモンの変化によって引き起こされるものであり、病的なものではないですが日常生活に支障をきたしてしまうほど辛い症状となる人も中にはいますので、このPMSとはうまく付き合っていく必要があります。症状によって個人差が大きいのが特徴的です。

精神の不調

先ほどPMSの身体への影響について述べましたが、精神的な症状としてPMSが現れる人も数多くいます。イライラや攻撃的、無気力、憂鬱な気分になる、落ち着かない等といった症状が2週間前から月経開始時まで現れます。個人差があり、また、その月によっても差があるため上手に付き合っていくことで辛い時期を乗り切ることがポイントになります。基本的に几帳面の人や完璧主義者の人はストレスを感じやすく、精神的なPMSにつながりやすいので、リラックスして気持ちをラクにしながら過ごすことで少しでも症状を減らしていくが可能になります。症状の改善がない、あるいは辛い場合は婦人科へ行って相談をし、抗うつ剤や安定剤の服用の検討も必要となってきます。ただ症状がそこまで重くないというのであれば、サプリメントなど手軽に始められるものから試してみましょう。いまは無添加のものや1日少し飲むだけで効果が得られるものなど多数販売が行なわれています。カプセルタイプや飲みやすい錠剤などいろいろあるので、病院に行く前に一度試してみましょう。

女性に特有の症状

薬膳

女性の特有の症状が更年期障害ですが、45歳から55歳の間が更年期と呼ばれます。原因はエストロゲンという女性ホルモンが減少することです。治療法としてはエストロゲンを補充するのですが、副作用のない漢方薬を長く飲み続けると効果があります。うつ症状が出た時は医師の診断を受けた方がよいです。

この記事を読む

無理をしなくてよい

カプセル

世の中にはいろいろな病気がありますが女性特有の更年期障害を患うと、毎日がとても辛い状態になります。 更年期障害の解決に最も役立つのが薬の服用だとして、出された薬をきちんと飲むことが早い解決に繋がります。

この記事を読む